ITエンジニアがいろいろ書いています

資格取得や食レポ、生活についていろいろと書いています。

【IT業界初心者,新人向け】運用,監視に必要なスキルとは

f:id:ArkRoyal:20180901201617j:plain
IT業界に就職、転職したい。でも運用、監視、サポート、ヘルプデスクって何を求められているのだろう。これから現場に出るのだけど何を勉強すればいいのだろう。
どんなスキルを身につけていいかわからない。そんな悩みを抱えている人は多いです。
そんな人のために必要なスキルをまとめてみました。

コミュニケーション能力

え?と思われた方もいるでしょう。一人でパソコンに向かって黙々と仕事をしているというイメージが強い人もいるかもしれません。
IT業界でもコミュニケーション能力はとっても重要なんです。
一人で仕事をして一人で完結するなんて場合はほとんどありません。基本はチームでの仕事になります。
だからコミュニケーション能力は本当に大事なんですね。
コミュニケーションがしっかりととれるというだけで評価されちゃったりします。

ITリテラシー

ITリテラシーとは簡単に言えばパソコンやインターネットなんかを使えますよーって能力のことです。
「未経験歓迎」など転職サイトでよく見るフレーズですが最低限のIT常識は求められます。

タイピング能力

今の時代、スマホに慣れてしまいパソコンにあまり触らずに社会に出てきたなんて人が増えています。
タイピングがまともにできるというのは立派なスキルです。
もしあまり自信がないのであれば鍛えることができます。
おすすめサイトは「寿司打」です。毎日続けているとタイピング能力が自分でも驚くぐらいあがりますよ!

オフィスソフトの操作(Word,Excel,PowerPoint)

Word,Excel,PowerPointというやつですね。他にもいろいろとありますが一番使うのはWord,Excel,PowerPointの3つになります。
どんな現場であっても触ることになります。最低限どんなソフトなのかは理解できているといいです。

ちなみにMOSというオフィスソフトの資格を勉強するとオフィスソフトについて理解できます。ある程度評価もされるのですが、あくまである程度です。下で上げる資格のほうが評価は高いと思ってもらって大丈夫です。

IT系の資格

資格は客観的にスキルを証明してくれる手段の一つです。
また、実際にスキルも身につくので取れるのであれば取ったほうがいいです。
会社で取得を支援している場合も多いです。

どんな現場に行っても役に立つ「ITパスポート」

ITについての基礎的な知識を総合的に学ぶことができます。
社会人としての常識も学べちゃいます。
もし何か一つ資格取得を目指すのであればITパスポートをお勧めします。
取得方法と勉強方法については別の記事でまとめています。
www.enjiniazakki.net

サーバー系の現場なら「LPIC」

サーバを扱う多くの現場でLinuxというOSが採用されています。
そんなLinuxのことを理解できる資格です。
コマンドも覚えられるのでトラブルがあった時なんかに役立ちます。

取得方法と勉強方法については別の記事でまとめています。
www.enjiniazakki.net

ネットワーク系の現場なら「CCNA」

ネットワーク機器の大手cisco。
そんなCISCO機器について学ぶことのできる資格です。
ネットワークの基本も学ぶことができるのでネットワーク系の現場であれば取っておいて損はありません。

取得方法と勉強方法については別の記事でまとめています。
www.enjiniazakki.net

運用監視の基本を学びたいなら「ITIL」

多くの運用監視の現場がITILを取り入れています。
運用監視でよく出てくる用語や仕組みについて学ぶことができます。

取得方法と勉強方法については別の記事でまとめています。
www.enjiniazakki.net

まとめ

・コミュニケーション能力が大事!
・最低限のITの知識が求められる
・現場にあった資格を取ると効果的。どれをとるか迷ったらITパスポート。

必要なスキルは多いです。基礎からしっかりと固めていきましょう!