ITエンジニアがいろいろ書いています

資格取得や食レポ、生活についていろいろと書いています。

IT業界初心者、未経験者にお勧め!ITILファンデーション(アイテル)の取得、勉強方法

f:id:ArkRoyal:20180831055704j:plain
会社に取ったほうがいいといわれた人、ITILが就職、転職に有利だと聞いて取ろうと思った人、いろいろな理由でITILを取ろうと思う人がいます。
私はと会社にいわれて新人の頃に取ったのですが、結果的には結構役に立ちました。
世間一般的にはあまり有名ではないけどIT業界では有名な資格ITIL。取得方法と勉強方法について解説していきます。

ITILファンデーションとは

簡単に言えば実際の運用、監視現場で使われているガイドラインを学ぶことのできる資格です。
さまざまな現場でITILの考え方は取り入れられています。
ITILと一言で言っても4種類のレベルがあり、ファンデーションはその中でも一番簡単なレベルになっています。通常「ITILを持っている」というとファンデーションを持っていることを指します。

取得のメリット

運用、保守、監視の現場の考え方を学習できること!
現場がどういった考え方で動いているのだろうとかどういった基準で動いているのだろうとか使われている用語がわかるようになります。
運用、保守、監視現場に入る前の人、現場に入ったばかりの人は必ずになります!

取得方法と難易度

試験会場でオンライン試験を受けます。
難易度は簡単です。前提知識がほとんどない状態でも一か月しっかりと勉強すれば十分取得できるレベルになっています。
中には2週間で取ったなんて猛者もいるみたいですね。だらだらと勉強するよりは短期間で集中してとってしまったほうが効率がいいです。

具体的な勉強方法

まずは参考書を読む

「IT Service Management教科書 ITIL ファンデーション シラバス」が一番有名です。いわゆる黄色本というやつですね。
実際の試験に準じた言葉で書かれているので理解しやすいです。
お金をかけたくない!という人や黄色本を読んでみたけどあまり合わなかったという人もいるでしょう。
そういう人は最低限ネットでITILについて詳しく解説したサイトを読み込みましょう。
いきなり問題を解き始めてしまうとあまり理解できないです。解説サイトか教科書を読んで全体像を把握しましょう。
なんとなくでいいので理解したら問題を解いてみるステップへ進みましょう。参考書を読み続けるより問題を解いてみたほうが勉強になります。

問題を解きまくる!

ひたすら問題を解きましょう。おすすめのサイトは「Ping-t」と「無料de試験」というサイトです。
両方とも無料のサイトです。スマホなどで空き時間を使って勉強できます。
ping-t.com
tokyo.cloudapp.net

「Ping-t」のほうが問題も解説も充実していておすすめ。銀になるまで勉強するとある程度理解できます。
「無料de試験」にしかない問題もあるのでこちらも解いておくのが無難です。

最初は10問ずつぐらいでいいので解いてみましょう。もしもわからない問題が出てきたら解説をしっかりと読み込みましょう。それでもいまひとつでしたら教科書にもどって該当部分を読みましょう。理解度が変わってきます。
このやり方だと10問ずつでもかなり時間がかかると思います。それでも大丈夫です。問題を解き続けることで問題と単語に慣れてしまうことが重要です。
慣れてきたら20問ずつ、30問ずつと問題数をどんどん増やしていきましょう。いつの間にか解ける問題だらけになっていきます。

まずはPing-tですべての問題が銀になることを目指しましょう。慣れてきたのであれば8割ぐらい金になるまで問題を解き続けることをお勧めします。
問題数に関係なく正答率が9割ぐらいになれば合格ラインに乗っていると考えてもいいでしょう。私の場合はそうでした。

まとめ

まずは参考書をさらっと読む。
問題を「Ping-t」で解く。
時間があれば「無料de試験」でも解く。

私が現場に出たての時にとって役に立った資格の一つです。
是非取得して役立ててください!